×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


タバコマニュアル

タバコが害を与える臓器


鼻、 食道、 肺、 胃 と、主に呼吸器官系全般と、胃です。
もし、この部位に病気をもっておれれる人は、喫煙を極力控えるようにした方が良いでしょう。
また、臓器ではありませんが、血管、血液、歯、骨などもタバコの影響で、悪くなるといいう事が確認されています。
あまり実感の沸かない部位も結構ありますね。
ここで挙げたのは、タバコが直接の原因で悪くなっていく部位をあげましたが、実はさらに、タバコが直接的原因ではないけれど、 たばこのせいで、かかりやすくなる病気もあります。例えば糖尿病などです。
喫煙者は、舌がタバコのせいで麻痺し、味が感じにくくなるのが原因で、味の濃いモノを好む傾向があるからです。

タバコマニュアルHOME
タバコが引き起こす病気
周囲の人がかかる病気
タバコを吸ってはいけない病気
管理人談
タバコ関係のサイト集
相互リンク集
相互リンク詳細
サイトマップ
問い合わせ